企業概要

企業情報

沿革

会社の沿革 技術の沿革
昭和2年(1927年) 過電流保護リレー付き電磁式始動機を製品化。
昭和3年(1928年) 電動機過負荷保護用バイメタル式サーマルリレーを製品化。
昭和6年(1931年) 電磁開閉器にわが国初の銀接触片を採用。
昭和18年(1943年) クラッパ形低圧電磁開閉器を製品化。
昭和30年(1955年) Bシリーズ(コンパクトモールド形)低圧電磁開閉器を製品化。
昭和38年(1963年) クラッパ形高圧気中電磁開閉器を製品化。
昭和42年(1967年) 安川電機制御器具販売および部品サービス部門として、(株)安川電機サービスを設立。
昭和53年(1978年) 安川電機行橋工場の電磁制御器具工場を独立させ、 安川コントロール(株)を設立。 ハーメティックシール接点ベスタクトを開発。
昭和54年(1979年) (株)安川電機サービスから安川コントロール販売(株)に 社名変更。
昭和58年(1983年) エレクトロニクス開発工場を設置し、エレクトロニクス制御製品の開発を本格化。
平成2年(1990年) オゾン応用製品を開発。
平成3年(1991年) 安川コントロール(株)と安川コントロール販売(株)を合併し、安川コントロール(株)とする。
エレクトロニクス制御機器専用の新田原工場を開設。
平成5年(1993年) (株)ヤスコ・コンポネンツを設立。 Fシリーズ低圧電磁開閉器を製品化。
平成6年(1994年) 真空用軸受の製造・販売を開始。
平成7年(1995年) ISO9001認証取得。
平成9年(1997年) (株)ワイ・エス電機を設立。
平成10年(1998年) Jシリーズ低圧電磁開閉器を製品化。
平成11年(1999年) ISO14001認証取得。
平成12年(2000年) 電磁接触器に代表される低圧制御機器事業を 安川シーメンス オートメーション・ドライブ(株)に譲渡。
平成14年(2002年) 低圧制御機器事業を安川シーメンス オートメーション・ドライブ(株)より再移管を受け、補用品事業として再スタート。
平成15年(2003年) 位置決めコントローラ(CCMEP)販売開始。
平成19年(2007年) ベスタクト接点の重負荷形リードスイッチに関する新国際規格:IEC 62246-2 Ed.1(2007)を制定。
平成20年(2008年) 製造部門を行橋工場に集約・再配置し、生産効率のアップを図る。
平成22年(2010年) (株)ヤスコ・コンポネンツに(株)ワイ・エス電機を吸収し、(株)ヤスコを設立
平成23年(2011年) 中国山東省東営市に東営安川機電控制有限公司を設立。 リードスイッチに関する品目別通則を国際規格:IEC 62246-1 Ed.2(2011)にて改訂。
平成24年(2012年) 東営安川機電控制有限公司の工場建設。稼動開始。
平成25年(2013年) 安川マニュファクチャリング(株)に社内カンパニー「コントロールカンパニー」を設立し製造委託を開始。 リードスイッチに関する品質評価仕様を新国際規格:IEC 62246-1-1 Ed.1(2013)に制定。

コンセプト製品発売開始
平成26年(2014年) (株)ヤスコを吸収合併。同社の製造部門を安川マニュファクチャリング(株)コントロールカンパニーへ移管。 東営安川機電控制有限公司にてISO9001認証取得。