OUTLINE会社概要

経営理念・経営方針・品質方針

■経営理念

 当社の使命は、その事業の遂行を通じて広く社会の発展、人類の福祉に貢献することにある。当社はこの使命達成のために、次の3項目を掲げ、その実現に努力する。

  1. 品質重視の考えに立ち、常に世界に誇る技術を開発、向上させること。
  2. 経営効率の向上に努め、企業の存続と発展に必要な利益を確保すること。
  3. 市場志向の精神に従い、そのニーズにこたえるとともに需要家への奉仕に徹すること。

■経営方針

 安川コントロールは、「特有の技術によって社会・公共に奉仕する」という創業の精神のもと、1967年に創立以来、(株)安川電機のグループ企業としてその役割の一端を担い、電動力応用、メカトロニクスの推進、FAとそれぞれの時代のニーズに特長ある技術と製品で社会の発展に貢献してきました。今日、ハイテク化、グローバル化が一層進展する中で、技術と人間そして環境との関係があらためて問われています。安川コントロールは、これからも社会環境と良い関係を保ちながら、市場ニーズの満足とお客様へのソリューション提供を続けるための努力を重ねていきます。

■品質方針

 当社は「顧客の満足」と「社会の信頼」を得る製品を提供することを最優先に考え製品群別の特徴に合わせ、商品企画から一貫した品質保証活動を展開する。

  1. 製品群別に業界のトップレベルの品質を確保する。
  2. 企画・開発から出荷までの各ステップで品質要求事項を確実に作り込む。
  3. 顧客満足度アップで、受注の拡大を図る。

安川グループ企業行動規準

 安川グループは、事業の遂行を通じて広く社会の発展、人類の福祉に貢献するというグループ経営理念を実現するためには、市民社会の一員たる企業として誠実かつ公正な態度で事業を推進すること、すなわちコンプライアンスの実践が不可欠であると考えています。
そこで、安川グループの全社が遵守すべき基本指針を「安川グループ企業行動規準」として制定しています。また安川グループの全役員・従業員一人ひとりが「安川グループ企業行動規準」を実現するために具体的に遵守すべき事項を解説した「安川グループ企業行動規準ガイダンス」を作成し周知を行っています。

「安川グループ企業行動規準」が定める16の基本方針

  1. 法令・社内ルールの遵守と誠実で責任ある行動
  2. 環境への配慮と持続可能な社会の実現
  3. 公正な競争関係の維持
  4. 知的財産権の保護・尊重
  5. 情報セキュリティの徹底
  6. 適時・適切な情報の開示
  7. 適切な文書管理と公正で透明性ある意思決定
  8. 会計・税務ルールの遵守
  9. 安全保障貿易管理の徹底
  10. 適正な販売・債権管理
  11. 顧客本位の安全・品質管理
  12. 最適調達と適正な支払
  13. 代理店等との健全・適切な関係
  14. 事業関係者および市民社会との健全な関係の維持
  15. 労働法令の遵守
  16. 働きがいのある職場環境の確立

安川グループ企業行動規準ガイダンス

OUTLINE会社概要

沿革

1927-1989
1927

ROAD TO TECHNOLOGY

1927
過電流保護リレー付き電磁式始動機を製品化
1928
電動機過負荷保護用バイメタル式サーマルリレーを製品化
1931
電磁開閉器にわが国初の銀接触片を採用
1943
クラッパ形低圧電磁開閉器を製品化
1955
Bシリーズ(コンパクトモールド形)低圧電磁開閉器を製品化
1963
クラッパ形高圧気中電磁開閉器を製品化
1967
1967
安川電機制御器具販売および部品サービス部門として、
(株)安川電機サービスを設立
1978
1978
安川電機行橋工場の電磁制御器具工場を独立させ、
安川コントロール(株)を設立

ROAD TO TECHNOLOGY

1978
ハーメティックシール接点ベスタクトを開発
1979
(株)安川電機サービスから
安川コントロール販売(株)に 社名変更
1989

ROAD TO TECHNOLOGY

1983
エレクトロニクス開発工場を設置し、エレクトロニクス制御製品の開発を本格化
1990-1999
1990

ROAD TO TECHNOLOGY

1990
オゾン応用製品を開発
1991
1991
安川コントロール(株)と
安川コントロール販売(株)を合併し、
安川コントロール(株)とする
1993
(株)ヤスコ・コンポネンツを設立
1995
ISO9001認証取得
1997
(株)ワイ・エス電機を設立
1999

ROAD TO TECHNOLOGY

1998
Jシリーズ低圧電磁開閉器を製品化
1999
ISO14001認証取得
〔(株)安川電機行橋事業所〕
2000-現在
2000
2000
電磁接触器に代表される低圧制御機器事業を
安川シーメンス オートメーション・ドライブ(株)に譲渡
2002
低圧制御機器事業を
安川シーメンス オートメーション・ドライブ(株)
より再移管を受け、補用品事業として再スタート

ROAD TO TECHNOLOGY

2003
位置決めコントローラ(CCMEP)販売開始
2007
ベスタクト接点の重負荷形リードスイッチに関する
新国際規格:IEC 62246-2 Ed.1(2007)を制定
2010
(株)ヤスコ・コンポネンツに
(株)ワイ・エス電機を吸収し、
(株)ヤスコを設立
2011
中国山東省東営市に東営安川機電控制有限公司を設立
2012
東営安川機電控制有限公司の工場建設。稼動開始
2013
安川マニュファクチャリング(株)に
社内カンパニー「コントロールカンパニー」を設立し
製造委託を開始

ROAD TO TECHNOLOGY

2013
リードスイッチに関する品質評価仕様を新国際規格:IEC 62246-1-1 Ed.1(2013)に制定

コンセプト製品発売開始
2014
(株)ヤスコを吸収合併。同社の製造部門を
安川マニュファクチャリング(株)
コントロールカンパニーへ移管

東営安川機電控制有限公司にてISO9001認証取得

ROAD TO TECHNOLOGY

2016
低電圧ブラシレスDCモータドライブ S series 販売開始
低電圧ブラシレスDCモータドライブ F series 販売開始
2018
安川エンジニアリング(株)に部品サービス事業を移管

ベスタクト事業を分社化し、
(株)ベスタクト・ソリューションズを設立
2019
(株) ワイ・イー・データの
レーザーソリューション事業を吸収合併
現在
2020
安川エンジニアリング(株)の
(株)安川電機への吸収合併に伴い、
サービス事業のうち製品修理・修繕機能を継承

(株) 安川電機にレーザーソリューション事業を移管

OUTLINE会社概要

会社概要

商号 安川コントロール株式会社
創業 昭和42年9月
設立 昭和53年9月
資本金 2億円
株主 株式会社安川電機(100%)
従業員数 350人(2021年3月1日現在)
本社所在地 〒824-8511 福岡県行橋市西宮市2丁目13番1号 (株)安川電機行橋事業所内GoogleMapで見る
決算期 毎年2月末日
取引銀行 みずほ銀行 福岡法人支店、福岡銀行 行橋支店
取締役社長 善家 充彦

国内・海外ネットワーク

本社・行橋事業所

〒824-8511
福岡県行橋市西宮市2丁目13番1号
(株)安川電機行橋事業所内GoogleMapで見る
TEL 0930-24-4601
FAX 0930-24-7131

入間事業所

〒358-8555
埼玉県入間市上藤沢480
(株)安川電機 入間事業所内 GoogleMapで見る
TEL 04-2962-6525
FAX 04-2962-6907

八幡東事業所

〒805-0058
福岡県北九州市八幡東区前田北洞岡2-3
日本製鉄(株)敷地内 GoogleMapで見る
TEL 093-288-4433
FAX 093-288-4434

中間事業所

〒809-0003
福岡県中間市上底井野315番地2 GoogleMapで見る
TEL 093-245-5243
FAX 093-245-6521

グループ企業

福岡化成工業株式会社

安川グループ製品用モールドケース・モールド部品、その他近郊他社に各種プラスティック製品を納入しています。

  • 設立:昭和22年4月
  • 資本金:1,000万円
  • 従業員数:88名
〒824-0822 福岡県京都郡みやこ町勝山黒田598-4 GoogleMapで見る

TEL 0930-32-2780
FAX 0930-32-4396

東営安川機電控制有限公司

メカトロ製品のサーボアンプ基板やロボットのコントロール基板をはじめとした基板の実装、ユニット組立、ケーブル加工。

  • 設立:平成23年8月
  • 資本金:1,056万US$
  • 従業員数:165名(駐在員含む)
〒257091 中華人民共和国 山東省東営市東営経済技術開発区東七路東、運河路南
TEL +86-546-7588881
FAX +86-546-7585886